メニュー

各学年



最新情報

過去情報


2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
4年 駿府匠宿に行ってきましたA〜駿河竹千筋細工、職人さんの技〜





20160126
 製作体験の次に,駿河竹千筋細工の職人さんが,どのように製作をしているのかを見せていただきました。
 子供たちが驚いたのは,竹がみるみるうちに,細い竹ひごになっていくところです。竹を縦に割り,端を「小割り」して両手で転がすと,竹が繊維にそって,細く割られ、広がっていきました。その一本一本を金属の穴(ひごひき)に通して,丸い竹ひごに仕上げました。
 「焼きごて」という道具を使って,竹を曲げるところも見せていただきました。木の板は,水を付けて曲げていきますが,竹は水を吸うとまっすぐになろうとするそうです。職人さんは,焼きごての、熱くなった金属の部分に曲げる部分を当てて,思い通りの角度に曲げました。
 他にも,
 「日本の竹がどうして竹千筋細工に適しているのか。」
 「駿河竹千筋細工と他の地方の竹細工との違い。」・・・についても教えていただきました。
 実際に製作の体験したり,自分の目で見たりすることによって,より多くのことを学ぶことができました。

前の記事:4年 駿府匠宿に行ってきました@〜駿河竹千筋細工製作体験〜
[ 2016/01/26 ]
次の記事:4年 理科 冬の生き物 〜土手に観察に行きました〜 
[ 2016/01/27 ]

戻る